現在の風俗業界

日本は、これまで風俗業界をきたないものや清純ではないものとして見られてきました。
しかし、現在ではそのようなわるい
感情を抱いている人は少なくなってきています。

それは、日本人全体の職業の多様化がすすんでおり、風俗という仕事に対しても、ある職種のうちのひとつと考える人が増えてきているからだと考えられています。

悪くいえば、他人に対してあまり興味が無いともいえるかもしれませんが、職への偏見がなくなってきているともいえるのではないでしょうか?
また、風俗業界自体もイメージ戦略や法整備などによってクリーンな方向に向いていっているのも大きな要因といえるでしょう。

みなさんは、風俗業界が巨大な市場規模を持っていることをご存知でしょうか?その市場規模は5兆円を大きく上回るかなり巨大な市場規模なのです。
5兆円というのはいったいどれくらいの金額なのかというと、国内総生産の金額全体の1パーセントなのです。

1パーセントというと少なく感じてしまうかもしれませんが、風俗業界の市場がそのような巨大な額を生み出すことができるということはこれまででは考えられなかったことなのです。
風俗業界は少なからず日本経済に影響力をもつようになっているのです。

さらに、日本で風俗業界に従事しているひとの総数は30万人をゆうに超える規模になってきているといわれています。
おそらくみなさんが想像するよりもはるかに多い数字ではないでしょうか?30万人が働いているということは、30万人の雇用を産み出しているということなのです。

風俗業界という巨大な市場が、日本の女性の雇用を少なからず支えていると言っても過言ではないのではないでしょうか。
莫大な市場規模を持ち、多くの雇用を創出するこの業界ですが、これまでと違って偏見が少なくなっているとはいえ、社会的偏見がなくなっているとはまだいいきれません。
しかし、このように考えることはできないのでしょうか?風俗業界のおかげで性犯罪の抑制につながっているということはあるはずです。
違法売春などの性犯罪、違法な売春などの組織や地下組織によって、日本の治安が悪くなる可能性もあるかもしれないのです。
実際、このような業種が発展せず、法律もきちんと整備されていないような国はこのような犯罪の発生確率が高くなっているのです。
このように、風俗業界の発展によって、少しでも犯罪の抑止にもつながっているのです。
このように、社会的にはまだまだ心ない偏見にもさらされることがある風俗業界ですが、社会的にはとても役立っていることが多いのです。
ここからは、風俗業界の役立つポイント、風俗業界のこれからについて詳しく見ていきたいと思います。



≪推奨サイト≫
女性のための風俗求人を掲載しています ・・・> 風俗求人

Copyright © 2014 現在の風俗業界 All Rights Reserved.